セフレ目的の女の子でもお誘いは少し濁すとうまくいく

ブサイクな女をまとめて食い散らかしてセフレを10人同時進行

私はセックスフレンドが2人います。「ご当地Love」という出会い系サイトで作りました。

 

セフレ目的の女の子でもお誘いは少し濁すとうまくいく

 

月に1回はセックスフレンドとセックスしています。出会い系サイトは半年前に始めて利用して見ました。

 

ご当地Loveは料金も高くなくて、とてもシンプルな出会い系サイトです。

 

そのセックスフレンドの女性の年齢は26歳と31歳です。その女性とのセックス体験を紹介します。

 

私の年齢は29歳の普通のサラリーマンです。独身で趣味なども特にありません。26歳の女性と初めて会ったのは池袋駅でした。

 

待ち合わせたのが夜の20時ぐらいで、私は池袋の駅に先に着いていました。15分ぐらい待っているとその女性が来ました。

 

女性の名前はミーと名乗っていました。ミーは少しギャル風で派手な服を着ていました。ミーは少し恥ずかしそうに挨拶をしていました。

 

ミーの髪の毛は金髪で肩ぐらいまであります。顔は、鼻に特徴があって少し大きめの鼻をしていました。目がくりっとしているので、童顔タイプの可愛らしさがあります。

 

肌は少し日に焼けている色をしていて、健康的な感じにも見えます。ミーの体型は少しだけ痩せている感じでしたが、太ももはしっかりしていてお尻はプリッとしていたので下半身は肉付きがいい女性です。

 

胸はCカップぐらいだと言っていました。ミーは人懐っこい女性ですぐに手など握ってきます。

 

ミーと行ったホテルは池袋駅から歩いて15分ぐらいの所のホテルに行きました。ミーはホテルに歩いている間私に少しくっつきながら歩いていました。ホテルに着いて私はタバコを吸っているとミーが服を脱ぎ出して私に裸を見せてきました

 

私はミーの体をマジマジと見て、26歳の女性の体の張りの良さを感じました。おっぱいは丸い綺麗な形をしています。お尻はやはり大きくてエロいお尻が分かりました。

 

ミーはシャワーに浴びに行くと、私を呼んで一緒にシャワーを浴びるように言ってきました。私は服を脱いでミーと一緒にシャワーを浴びる事にしました。ミーは私の体をタオルで洗ってくれてとても優しい女性でした。

 

ミーを最初に見たときはギャルっぽかったので、少しギャルに対してのイメージが変わりました。私はミーと会うまでは、ギャルに対して良いイメージがなかったのでミーと会ってからギャルの中にも優しい人がいるという事が分かりました。

 

ミーとセックスが始まるとミーはとてもかわいい喘ぎ声をあげているのが印象的でした。そしてミーはとてもセックスしやすくてどんな体位でもしてくれました。身体が柔らかくて脚など開きやすかったのです。

 

バックでセックスしている時はお尻の肉がとても気持ちよくて、お尻を触るとスベスベしていていました。ミーのマンコは締まりがよくて、肉付きの良いマンコをしています。ミーとセックスする時はいつも40分ぐらいで終了します。

 

ミーとセックスが終わりシャワーを浴びるてホテルから出ました。ミーとはその日で連絡先を交換してセックスフレンドになってくれました

 

初めて出来たセックスフレンドなのでとても嬉しくて興奮もしました。ミーとは今は2ヶ月に1回は待ち合わせてセックスしています。ミーと待ち合わせする時は1週間前に連絡して日時と時間を決めています。

 

2人目のセックスフレンドは31歳の女性で、少し年上の女性です。名前は「ご当地Love」のなかではユミと言います。ユミは普通の会社勤めてしている女性で、見た目はとても普通です。どちらかというと地味な方かもしれません。

 

ミーとはまるで対照的です。ユミと最初に会ったのは上野駅出会いました。ユミは会社の帰りでした。夜の19時に待ち合わせをして、上野の改札口付近に行くとユミらしき人が待っているのが分かりました。

 

ユミはスーツ姿で会社帰りと分かりました。とても小柄な女性で、髪の毛は長くて後ろで縛っていました。黒いスーツで黒髪でとても落ち着いている女性でした。近づいて見ると声は小さかったのですが、笑顔で挨拶してきました。

 

ユミはスーツ姿でしたが、すでに巨乳なのが分かりました。私はずっと胸に目がいってしまい、とても大きくて興奮していました。私は胸から目をそらしてちゃんと挨拶しました。

 

ユミは地味な感じの女性ですが、エロい身体をしていました。この様な女性は私にはタイプで、さらに巨乳だったので尚更でした。私は早くホテルに行きたくて、早速ユミを引き連れてホテルに向かいました。

 

セフレ目的の女の子でもお誘いは少し濁すとうまくいく

 

ユミは真面目な女性で、出会い系サイトに登録しているのが不思議でした。ご当地Loveに登録した理由を聞くとユミは照れた感じで、「何となく…」と少し笑って答えました。セックスが好きだからとは言えなかった様に感じました。

 

ホテルに着いて私はユミの裸が見たくて仕方ありませんでした。シャワーに一緒に入るように言うとユミは頷いて服を脱ぎ始めました。私は自分の服を脱ぎながらユミの身体をずっと見ていました。

 

ユミがスーツを脱ぐと旨がさらに強調されてより一層大きく見えました。ユミは少し恥ずかしがりながらシャツを脱ぐととても大きな胸が現れました。カップのサイズでいうとFカップはあると思います。

 

ブラジャーも巨大なブラで大きくて大変そうだと思ったぐらいです。ユミはブラジャーを取ると私は食い入るように見ていました。

 

ユミの巨大なおっぱいが現れて私は見ているだけで勃起してしまいました。ユミは恥ずかしそうに胸を隠してシャワールームに行きました。

 

シャワーを浴びると私は我慢が出来なくなってしまいユミの巨大な胸を揉んでしまいました。ユミは少しビックリしていましたが、うつむきながら感じているのが分かりました。ユミの巨大な胸は揉むと指がめり込むぐらいの厚みがあります。

 

乳首も大きくて早くしゃぶりたかったです。私はユミの胸を揉みながらマンコも触ってみました。ユミは少し腰を引いて避けましたが、とても感じているのが分かります。

 

シャワーから出ると私はユミを連れてベットに寝かせました。ユミの大きな胸が重みで変形していました。私は早速ユミの大きな乳首をしゃぶりました。ミユはとても気持ちよさそうに感じていて、喘ぎ声も出始めました。

 

マンコを触ってみるとグッショリと濡れているのが分かりました。私はユミに挿入することを確認してから、マンコに入れました。ユミのマンコは熱くなっていて、ヌルヌルしていて気持ちよかったです。

 

正常位でセックスしていると、ユミの大きな胸が揺れるのが目の前に見れて、迫力がありました。騎乗位でもユミの胸が一段と揺れていて凄かったです。まるで生き物の様な動きをしていました。

 

ユミとのセックスは40分ぐらいで終わりました。ユミはとても満足そうにベットで息を整えていました。ユミの身体はとても熱くなっていて、汗が光って見えました。私も少し疲れていました。

 

シャワーを浴びるに行き汗を流して、ユミの身体を洗ってあげました。ユミの胸は大きいので持ち上げて洗っていたのがとても印象的です。シャワーから出て少し休憩してからホテルを出ました。

 

ユミとも月に1度ぐらい会ってセックスしています。いつも会社帰りで金曜日の夜と決まっていました。ユミの都合で金曜日の夜が良いらしいです。

 

ご当地Loveに登録して半年で2人のセックスフレンドが出来たので、セックスフレンドはとても簡単に出来てしまいます。

 

私の様にセックスフレンドに興味がある人は出会い系サイトを利用してみるのがいいと思います。

 

セフレが簡単に出来るご当地Love♪

 

セフレ目的の女の子でもお誘いは少し濁すとうまくいく

 

ご当地Loveで婚活、恋活!

↓↓↓↓↓

page top